収入を上げるための転職。あまりに安すぎた前職の給与。

平均年収という言葉がありますが、前の会社では程遠い数字だったのでとても耳に痛い言葉でした。「いまどき給料はなかなか上がらないもの」とよく言われましたがこれって人を使う側の都合のよい話ですよね。私も自分に言い聞かせていたので転職を決断するのには結構時間が掛かりました。きっかけは2回連続の賞与の不支給でした。次はあるさと、次を決めずに思い切って辞めたことがよかったのかもしれません。在職しながらではなかなか思うように就活ができないからです。新卒で会社選びをしたときとは違い、自分にも社会的な知識や会社を見る目というものが養われているので、面接を受ければだいたいどんな社風で待遇が実際にどうかということが分かるようになっています。若いうちなら思い切った軌道修正も難しいことではないと思います。